株式会社BlueMeme

BlueMeme、大規模なアジャイル開発を実現する日本企業向けノーコード基盤の共同開発で米Creatioと提携
プレスリリースを読む
株式会社 日本能率総合研究所様の事例を公開いたしました
事例を見る
BlueMeme、三井情報とローコード事業で資本業務提携
プレスリリースを読む
BlueMemeは「一般社団法人量子ICTフォーラム」に加入いたしました
詳細を見る
BlueMeme、ベンチャー投資事業を行う子会社
「株式会社BlueMeme Partners」を設立
プレスリリースを読む
「日経コンピュータ 2022年3月31日号」に弊社が導入支援したお客様の事例が掲載されました
記事を読む
BlueMemeは「一般社団法人ITキャリア推進協会」に加入いたしました
詳細を見る
BlueMeme、オリックス生命よりアジャイル開発においてBusiness Partner Awardを受賞
プレスリリースを読む
BlueMeme、日本郵船のアジャイル開発を実現
プレスリリースを読む
Previous
Next

ローコードとアジャイルで、システムインテグレーターに頼らない「システム開発の内製化」をサポートします

システム開発を内製化するには開発の方法から変える必要があります。システム開発には多くのIT人材を確保しなければならないと考えがちですが、ローコード技術でプログラミングを自動化し、当社独自の開発方法論「AGILE-DX」を活用することで、少人数で大規模なシステム開発を素早く実現することができます。また、一般的にローコード製品は部分的な自動化やテンプレートと部品を組み合わせたものがほとんどですが、当社が推奨するローコード開発基盤「OutSystems」は従来のスクラッチ開発と同等の柔軟性を持ち、従来以上の品質を実現することが可能です。システムインテグレーターに頼らない、真のデジタルトランスフォーメーションを目指しませんか?

アジャイル手法

全てのフェーズの作業と意思決定を同じチームで試行錯誤しながら行う、柔軟性とスピードを重視した開発手法

ローコード技術

従来プログラマーが担っていた開発工程を自動化し、数分から数十分で動作するシステムを自動生成できる技術

ビジネスアーキテクチャ

企業活動の全てを「主語・述語・目的語」の形式で表現することで企業のデータ構造を見える化する

扱いの難しい最新技術のメリットを最大化する、独自の開発方法論「AGILE-DX」

当社独自の開発方法論「AGILE-DX」は、460社以上、2,700件以上のサービス提供を通して培ったノウハウを独自に体系化することで、ローコードとアジャイルを活用した開発の問題を解決しています。

BlueMeme、インテリジェントなテスト自動化プラットフォームを提供するmablとパートナーシップを締結

株式会社BlueMemeは、システム開発のライフサイクル全体にわたって、信頼性の高いテストをローコードで実施可能なプラットフォーム(SaaS)「mabl(メーブル)」を提供する米国mabl Inc.とパートナーシップを締結いたします。

BlueMeme、日本能率協会総合研究所のアプリケーション開発の内製化を支援

株式会社BlueMemeは、ノーコード開発基盤「Softools(ソフツールズ)」を用いて、株式会社日本能率協会総合研究所のアプリケーション開発の内製化を支援しました。これにより日本能率協会総合研究所は、十分な開発環境がない非エンジニア部門による短期間でのアプリケーション開発に成功しました。

2022年 年頭所感
ローコードとノーコードの活用でIT技術者の二極化が加速「システム開発の内製化支援サービス」の充実と強化

BlueMemeは、「新たな価値を創造し、常識を変え、文化を進化させる」という企業理念のもと、これからもお客様のDXの推進ならびに日本企業のグローバルな企業競争力の向上に貢献してまいります。

OutSystems

ジャンプスタート
(無償)

1日でOutSystemsの全体像を知ることができます。前半の製品説明で概要を学び、後半の開発体験ではWeb・モバイルアプリの設計と作成を体験できます。

OutSystems

ブートキャンプ

Web・モバイルアプリ開発、開発チームリーダー向け、プロフェッショナル向けなど、スキルや経験、目的に合わせた様々なトレーニングをご用意しています。

OutSystems

認定資格

OutSystemsには知識と実務経験の両方を認定する資格があります。OutSystemsが発行する公式認定資格を取得するための認定試験をご用意しています。

お客様のお悩みを
お聞かせください

info@bluememe.jp
または
0570-080-016
まで
お問い合わせください。