認定資格一覧

開発者向け


Associate Reactive Developer (OutSystems 11)

「OutSystems Associate Reactive Developer認定試験」は、OutSystemsのリアクティブWebおよびモバイルアプリケーション開発の基礎に焦点を当てています。OutSystemsに初めて参加し、シンプルなリアクティブWebおよびモバイルアプリケーションを開発する開発者を対象としています。これは、認定開発者としてOutSystemsの旅を始めるための最初のステップの一つです。

認定試験:OutSystems Associate Reactive Developer 認定試験
トレーニング:OutSystems リアクティブWebアプリ開発ブートキャンプ


Associate Traditional Web Developer (OutSystems 11)

「OutSystems Associate Traditional Web Developer 認定試験」は、OutSystemsの伝統的なWebアプリケーション開発の基礎に焦点を当てています。OutSystemsに初めて参加し、シンプルで伝統的なWebアプリケーションを開発する開発者を対象としています。これは、認定開発者としてOutSystemsの旅を始めるための最初のステップの一つです。

認定試験:OutSystems Associate Traditional Web Developer 認定試験
トレーニング:OutSystems Webアプリ開発ブートキャンプ


Professional Traditional Web Developer (OutSystems 11)

「OutSystems Professional Traditional Web Developer 認定試験」は、インテグレーション、アーキテクチャ、パフォーマンスなどの高度な開発トピックに焦点を当てています。エンタープライズグレードのアプリケーションを開発するOutSystemsの伝統的なWeb開発者を対象としています。OutSystemsの伝統的なWeb開発をマスターするための第2ステップです。

認定試験:OutSystems Professional Traditional Web Developer 認定試験
トレーニング:OutSystems 上級開発者向けブートキャンプ


Expert Traditional Web Developer (OutSystems 11)

「OutSystems Expert Traditional Web Developer 認定試験」は、アプリケーションと環境設定、開発のベストプラクティス、アーキテクチャ、非同期プロセスを含むOutSystemsの伝統的なWeb開発のすべての分野をカバーしています。高品質のソリューションを自律的に設計し、構築することができる経験豊富なOutSystemsの従来型のWeb開発者を対象としています。これは、OutSystemsの伝統的なWeb開発をマスターするための旅の最終ステップです。

認定試験:OutSystems Expert Traditional Web Developer 認定試験


専門分野


Mobile Developer Specialist (OutSystems 11)

「OutSystems Mobile Developer Specialization 認定試験」は、OutSystemsのモバイル開発に特化したトピックに焦点を当てています。基礎を超えて、オフラインシナリオでネイティブモバイルアプリを開発するOutSystems開発者を対象としています。これは、OutSystemsのモバイル開発認定の旅の重要なステップです。

認定試験:OutSystems Mobile Developer Specialization 認定試験


Architecture Specialist (OutSystems 11)

「OutSystems Architecture Specialization 認定試験」は、OutSystemsのアーキテクチャ設計の基礎に焦点を当てています。スケーラブルな考え方を持ち、効率的で健全なアプリケーションのライフサイクルに貢献することを目的とした、優れたOutSystemsアーキテクチャを自律的に設計できる開発者またはアーキテクトを対象としています。これは、OutSystemsのプロフェッショナルな開発者もしくはアーキテクトになるための重要なステップです。

認定試験:OutSystems Architecture Specialization 認定試験


その他


Associate Tech Lead (OutSystems 11)

「OutSystems Associate Tech Lead 認定試験」は、開発チームをリードし、アプリケーションの品質を保証するために必要なスキルに焦点を当てています。アジャイル開発手法の経験だけでなく、アーキテクチャと開発のベストプラクティスに関する深い知識を持ち、開発チームをリードするために何が必要かを知っている上級開発者を対象としています。これは、OutSystems Tech Leadになるための重要なステップです。

認定試験:OutSystems Associate Tech Lead 認定試験


Professional Platform Ops Engineer (OutSystems 11)

「OutSystems Professional Platform Ops Engineer 認定試験」は、OutSystems プラットフォームの管理、運用、トラブルシューティングに関連する基本的な知識に焦点を当てています。OutSystemsのコンポーネントとサービスを徹底的に理解し、拡張性と冗長性の要件に応じてOutSystemsインフラストラクチャとその環境を管理するために何が必要かを知っている運用エンジニア/システム管理者を対象としています。この試験の準備のために「OutSystems プラットフォーム運用者向けブートキャンプ」に参加することを強くお勧めします。

認定試験:OutSystems Professional Platform Ops Engineer 認定試験
トレーニング:OutSystems プラットフォーム運用者向けブートキャンプ


国内認定資格者数

※当社にて開催された認定試験を受験し資格を取得された方の数を記載しています。(2020年12月末時点)

0

Associate
Reactive Developer

(単位:人)

0

Associate Traditional
Web Developer

(単位:人)

0

Professional Traditional
Web Developer

(単位:人)

0

Expert Traditional
Web Developer

(単位:人)

0

Associate
Tech Lead

(単位:人)

0

Professional
Platform Ops Engineer

(単位:人)

0

Mobile Developer
Specialist

(単位:人)

0

Architecture
Specialist

(単位:人)


認定試験のお申し込み方法

以下のお申し込み情報を記載の上、トレーニング窓口(training@bluememe.jp)までメールにてお申し込みください。認定試験に関するご質問も同窓口にてお受けいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

1) ご希望の認定試験と開催日[必須]

「認定試験開催予定」をご確認いただき、ご希望の認定試験と開催日を記載してください。

※記入例: OutSystems Associate Traditional Web Developer 認定試験(2021年1月22日)

2) 参加者情報[必須]

以下の情報を参加者ごとに記載してください。
①氏名(日本語表記と英語表記の両方必須

※記入例: 山田 太郎(Taro Yamada)

②会社名(日本語表記と英語表記の両方必須

※記入例: 株式会社BlueMeme(BlueMeme Inc.)

③部署名

④電話番号(部署の電話番号で結構です)

⑤メールアドレス(会社ドメインのもの

3) アカウント登録[必須]

事前に、こちらからOutsystemsコミュニティアカウントの登録をお願いいたします。必ず、「参加者情報」のメールアドレスにてアカウントを登録してください。異なるアカウントでは試験結果が紐づきません。参加者全員のアカウントが登録されたことをご確認のうえ、「アカウント登録済」と記載してください。

※「参加者情報」のメールアドレスによるアカウント登録が完了していないと、お客様の試験問題が作成されません。ご注意いただきますようお願いいたします。
※すべての認定資格はひとつのアカウントに紐づく必要があるため、すでに認定資格をお持ちで、かつ複数のアカウントをお持ちの方は、事前にひとつのアカウントに統合されることをお勧めいたします。

4) 請求書の宛名[必須]

請求書の宛名を記載してください。

※記入例(支払いが法人の場合): 株式会社BlueMeme
※記入例(支払いが個人の場合): 山田 太郎

5) 連絡代表者情報[任意]

①氏名(日本語表記のみで結構です)
②電話番号(部署の電話番号で結構です)
③メールアドレス(貴社ドメインのもの)

※参加者様が複数いらっしゃる場合、連絡代表者様の情報を記載ください。連絡代表者様は、受講されない方でも構いません。連絡代表者様に対し、ブートキャンプおよび認定試験開始前のお知らせや試験結果をご連絡いたします。連絡代表者様のご指定がない場合には、参加者様に対し個別にご連絡いたします。

以下の注意事項を必ずお読みになり、同意の上でお申し込みくださいますようお願いいたします

※お申し込み後のキャンセルや、お申し込み内容の変更はお受けできません。ご了承の上、お申し込みをお願いいたします。
※お支払い方法・手順について:ブートキャンプおよび認定試験は、前払いとさせていただいております。お申込受付後、トレーニング窓口より請書兼請求書をPDFにてお送りいたします。請書兼請求書に記載されている振込期限までに必ずお支払いをいただきます様よろしくお願いいたします。お支払期限までに入金いただけない場合、参加できなくなることがございますのでご注意願います。
※参加者が既定の人数に達しなかった場合、開催を中止し、次回の参加に繰り越しとさせていただくことがございます。
※個人情報のお取り扱いにつきましては、当社のプライバシーポリシーに同意の上でお申し込みいただきますようお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症に関する対策とお願いについて
※試験会場で行っている感染予防対策:会場の机、椅子に関しては事前にアルコール消毒をしております。/ 参加者様には必ずマスクを持参及び着用頂くことをお願いし、入退室時のアルコール消毒を徹底いただきます。参加者様による弊社内での飲食もお断りしています。/ 試験対応スタッフについてもマスク着用及び入退室時のアルコール消毒を行なっております。/ 受付においてスタッフにより参加者様の検温及び体調の確認を行ない、他の参加者様への影響が懸念される場合は受験をお断りします。
※以下に該当する場合は、受験をご遠慮ください:当日及び前2週間以内に、体調不良・発熱・咳などの症状がある場合。/ コロナウイルス感染症に罹患している恐れのある場合。/ 感染拡大している国や地域への渡航歴が14日以内にある場合。/ 同居する人または同僚が以上の各項目にあてはまる場合。
※受験の際は、以下の点にご協力ください:マスクは持参いただき、当ビル・会場内では常時マスク着用し、他者がいる空間では外すことがないようお願いいたします。/ 上記に伴い、弊社内での飲食および飲食物のお持ち込みはお断りしております。/ 弊社受付および会場入口に消毒液を設置しております。入退室時には必ず手指の消毒を行っていただくようお願いいたします。/ 来社時に検温及び体調の確認をスタッフが行います。検温時に37.5度以上の方、体調不良や発熱が続いている方は入室と受講をお断りさせていただきます。/ 飛沫飛散防止のため、試験室内での私語はなさらないようにお願いいたします。
※受験をお断りする場合について:感染拡大防止の観点から、発熱や体調不良、咳、くしゃみ等の症状が見られ、他の参加者様への影響が懸念される場合は受験をお断りし、お帰りいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
※お申し込み後の変更・キャンセルについて:新型コロナウイルス感染症の影響によるブートキャンプおよび認定試験のお申し込み後の変更および払い戻しはできません。同意の上でお申し込みいただきますようお願い申し上げます。