OutSystemsトレーニング

6ヶ月で開発案件
に携われる

ローコードエンジニアを
育成

私たちは通常5~10年かかるといわれるエンジニアの育成を、OutSystemsを使用して6ヶ月で開発案件に携われるレベルまで引き上げます。

各工程を自動化して効率化

ローコード技術を活用し各工程を自動化することで、多くの分野の習熟度を補う

スピーディな成長

半年という短い期間で開発案件に携われるレベルまで育成することが可能

実務でエキスパートに

「即戦力として活躍しながらスキルをアップしていける」という強み

トレーニング提供実績

2012年、私たちは日本で初めてローコード開発基盤OutSystemsを導入しました。以来ローコード市場を第一線でけん引しており、人材育成にも力を入れています。現役のローコードエンジニアである講師陣が、「体系的な知識は、研修後も受講者自らが継続的に学べるようにする」ことで、研修・トレーニング受講後も自律的に学び、成長していくことができるIT人材の育成をご支援しています。

1 +
トレーニング開催数
1 +
トレーニング受講者数
1 +
国内認定資格発行数※

※当社にて開催された認定試験を受験し資格が発行された数を記載しています。(2020年12月末時点)

幅広い経験・スキル・目的に対応する
様々なトレーニングをご提供しています

ジャンプスタート
(1日無料トレーニング)

1日でOutSystemsの全体像を知ることができます。前半の製品説明でOutSystemsの概要を学び、後半の開発体験ではWebアプリとモバイルアプリの設計と作成を体験できます。

OutSystems
ブートキャンプ

初心者から実務経験者・上級者まで、様々なキャリア・スキルに合わせたコースをご用意。プロフェッショナルエンジニアが講師を務める充実したプログラムとなっております。

OutSystems 認定試験

OutSystemsを使用した開発のプロフェッショナルであることを証明する資格を取得することができます。

OutSystemsプロフェッショナルを証明する認定試験

OutSystemsのプロフェッショナル認定は、プロフェッショナルな環境で職務を遂行する能力を証明する資格です。OutSystemsでシンプルなリアクティブアプリケーションを開発できることを証明する「Associate Reactive Developer」をはじめ、中級として「Professional Traditional Web Developer」、そしてOutSystemsを熟知した開発者を証明する「Expert Traditional Web Developer」、など、用途やスキルに合わせた様々な資格がございます。

まずは無償トレーニングにお申し込みください

ジャンプスタート(1日無料トレーニング)では1日でOutSystemsの全体像を知ることができます。前半の製品説明でOutSystemsの概要を学び、後半の開発体験ではWebアプリとモバイルアプリの設計と作成を体験できます。前半の製品説明のみに出席することも可能ですので、技術者でない方もぜひご参加ください。

関連ソリューション

OutSystems

スクラッチ開発と同等の柔軟性を持ちWebアプリケーションとモバイルアプリケーションを自動生成するローコード開発基盤

受託開発

OutSystemsを始めとしたローコード技術とアジャイル開発を組み合わせることで、品質を保ちながらスピーディなデリバリーが可能です

開発方法論のご提案

ローコード技術とアジャイル開発手法を組み合わせたローコード向け開発方法論「Agile DX」の活用で、お客様の大規模アジャイルを実現します

トレーニングに関するお問合せ

training@bluememe.jp または

0570-080-016 まで
お問い合わせください。