ローコード導入アセスメントサービス

メリット・デメリットの
検証で
最適な
プラットフォームの
選択を可能にする

ローコード導入
アセスメント
サービス

ローコードツールの導入を検討されている法人のお客様に対して、
コスト分析・適合性分析・プロトタイプ開発を行うサービスです

組織の課題を解決致します

本サービスは様々な課題を抱えるお客様企業に適しています。

企業の現状を分析し、ローコード導入における
メリット・デメリットを抽出いたします

ローコードツール導入を検討されている法人のお客様に対して、コスト分析、適合性分析、プロトタイプ開発を行うサービスです。本サービスの提供期間は約2~4週間を予定しております。

※本サービスはエンドユーザー様を対象としたサービスです

サービスのご利用の流れ

1.お問合せ

お客様が直面している悩みや、お困りごとを弊社のお問い合わせフォームやお電話にて、気軽にご連絡を下さい。

2.ご連絡

お問い合わせ内容をもとに、弊社よりお客様にご連絡を差し上げます。お打ち合わせ日程を調整させていただきます。

3.詳細のご確認

お客様の持っている情報を共有いただき、プロジェクトの課題・目的・方向性・効果・予算等を細かく確認いたします。

4.お打ち合わせ

4.ヒアリングした内容をもとに、社内やブレーンを交えて、課題を解決し、目的を達成するプランの打ち合わせを行います。

移行対象となるシステムまたはプラットフォームのコスト分析に関する費用について

初期導入費用

年間保守費用

その他の費用

ローコード導入アセスメントサービスを通して、課題・ご要望の分析を行っています

現行システムの課題

ローコードツールで実現したいこと

ローコード開発基盤の導入効果の検討するためのモデルをご提供しております

ツールベンダー各社が規定のシステム要件にもとづいて開発した「実際に動作するシステム(リファレンスモデル)」が、導入検討用資料として無償提供されます。カタログや営業トークからはわからない、各ツールのリアルを体感していただくことが目的です。

お客様のお悩みを
お聞かせください

info@bluememe.jp
または
0570-080-016
まで
お問い合わせください。

関連ソリューション

OutSystems

スクラッチ開発と同等の柔軟性を持ちWebアプリケーションとモバイルアプリケーションを自動生成するローコード開発基盤

MarkLogic

アプリケーションサーバーとマルチモデルデータベースを統合させた、様々なデータの蓄積と体系化を実現する次世代のデータベース基盤

ローコード
受託開発

OutSystemsを始めとしたローコード技術とアジャイル開発を組み合わせることで、品質を保ちながらスピーディなデリバリーが可能です