ローコード受託開発

ローコード技術を
活用した
アジリティな開発

私たちはローコードとアジャイル開発を組み合わせることで、品質を保ちながらスピーディなデリバリーを実現しています

BlueMemeが選ばれる理由

ローコードに関する豊富なナレッジと経験

弊社は2009年からローコードを活用した事業を展開し、2012年、日本ではじめてローコード基盤「OutSystems」を導入致しました。以来、ローコード開発の市場を第一線でけん引しております。

多くのプロフェッショナルエンジニアが在籍

弊社には他社の平均と比較して、プロフェッショナル以上の資格を保有した経験豊富でローコードのスキルに特化したエンジニアが約2倍以上在籍しております。

ローコードに適した開発手法をご提供可能

弊社はローコードとアジャイル開発の経験とナレッジを活かした、大規模アジャイルを実現する方法論を以て事業を展開しております。

ノウハウとスキル

ローコード開発の
プロフェッショナル

保守運用まで一貫して実施可能

1,000以上のローコード
サービス提供で培ったナレッジ

2012年からの
アジャイル開発の
ナレッジ

開発からアーキテクチャの
ご提案可能

OutSystemsの
国内導入の
約60%をシェア

プロジェクト開始までの流れ

1.お問合せ

お客様が直面している悩みや課題を弊社のお問い合わせフォームまたはお電話にてお気軽にご連絡下さい。

2.ご連絡

お問い合わせ内容をもとに、弊社よりお客様にご連絡をさせていたただき、お打ち合わせ日程を調整いたします。

3.ヒアリング

お客様がお持ちの情報を共有いただき、プロジェクトの課題・目的・方向性・効果・予算などを細かく確認いたします。

4.提案内容検討

ヒアリング内容を元に解決すべき課題や、目的を達成するプランについて打ち合わせを行います。

5.提案書の提出

打ち合わせをもとに、さらにブラッシュアップした企画のプランを作成し、ご提案いたします。

6.ご発注

採用のご連絡をいただいたのち、ご提案プランの修正や追加内容の確認をし、詳細なスケジュールをご提出します。

7.プロジェクト開始

プロジェクトメンバでのキックオフミーティングでプロジェクトの目的や各メンバーの役割等を共有し、プロジェクトを開始します。

お客様のお悩みを
お聞かせください

info@bluememe.jp
または
0570-080-016
まで
お問い合わせください。

関連ソリューション

OutSystems

スクラッチ開発と同等の柔軟性を持ちWebアプリケーションとモバイルアプリケーションを⾃動⽣成するローコード開発基盤

MarkLogic

アプリケーションサーバーとマルチモデルデータベースを統合させた、様々なデータの蓄積と体系化を実現する次世代のデータベース基盤

開発方法論のご提案

ローコード技術とアジャイル開発手法を組み合わせたローコード向け開発方法論「Agile DX」の活用で、お客様の大規模アジャイルを実現します