MarkLogic

正規化不要のマルチモデル
データベース

MarkLogic

数十種類の独自のインデックス機能により、アプリケーションが使用するデータ構造に近いデータをそのまま扱うことが可能です。

正規化不要の
マルチモデルデータベース
「MarkLogic」

MarkLogicは、データの正規化が不要なデータベースです。MarkLogicでは、データモデルの設計や仕様変更にかかるコストと工数を大幅に削減し、それに伴う損失のリスクもコントロール可能となります。また、今までのリレーショナルデータベースのデータをそのまま入れ込み、使用することができます。数十種類の独自のインデックス機能により、アプリケーションが使用するデータ構造に近いデータをそのまま扱うことが可能です。データベースが抱える多くの課題をMarkLogicが解決することによって、ビジネススピードと足並みを揃えて開発を進行することができ、「やりたいビジネス」を実現します。

リレーショナルなアプローチの問題点

従来のリレーショナルデータベースでは、テーブルを含むスキーマをきっちり設計してからアプリケーション開発をしなければなりません。また、アプリケーションの機能を追加したり、他のアプリケーションとの統合をする際には、テーブル設計からやり直す必要があります。テキスト、PDF、画像、ビデオなどの大容量のバイナリーデータ、地理情報データ、SNSなどの相関を表すセマンティックトリプルなど、プロジェクトの進行と共にその量は数えきれない水準となり、また複雑化します。結果、アプリケーションのパフォーマンスが落ちてしまいます。

MarkLogicではあらゆる種類のコンテンツが格納可能

MarkLogicが得意とする「スキーマレス」アーキテクチャにより、事前のスキーマ設計をせずに、多様なデータを格納し、統合して利用することができます。既存のリレーショナルデータベースに記録されている構造化データと他の多種多様な非構造化データを含めたデータの統合を実現することが可能です。

データ形式に囚われない、
様々な検索機能を容易に実現

ロード時にJSON、XML、テキスト、バイナリーデータなどあらゆるデータにインデックスをつけることにより、リアルタイムでのクエリが可能になり、瞬時に結果を得ることができます。数百テラバイト、数十億件のドキュメントに対して検索結果リストを1秒以下で応答します。

データの関係性を理解、抽出

セマンティックとスキーマレスデータベースを組み合わせてドキュメントストアとセマンティックトリプルストアを合体することにより、格納したデータから意味と関係性を見出し、新たな意味や関係性を推論して取り出すことが可能です。

ダウンタイムゼロで
巨大なエンタープライズレベルまで
拡張可能

今後、Webアプリケーションやモバイルアプリケーションで要求されるコンテンツは、画像やテキスト以外に、ムービーや音声、地理情報データ、SNSのセマンティックトリプルデータ等、多岐にわたります。今後ますます頻繁になるビジネスの変更や新規立ち上げに伴って、頻繁に仕様変更や機能拡張が必要となる業務システムにおいて、将来どのようにデータベースの仕様変更や拡張を行っていくかを見通すことは不可能です。
そのため、まずスキーマレスでデータベースを設定できて、システムやデータベースを停止させずに後から自由に変更できる柔軟性がデータベースに求められる重要な要素となります。
MarkLogicは、ダウンタイムを伴わずにスキーマレスに多種多様なデータを取り込み統合することができます。

アプリケーションの高いパフォーマンスや格納データの安全性を確保

MarkLogicは、他の多くのNoSQLデータベースと異なり、データの信頼性をエンタープライズレベルで保ち、ACIDに100%準拠したマルチドキュメントトランザクションを実現します。

情報セキュリティの
国際規格
「コモンクライテリア」の
認証
を取得済み

MarkLogicはコモンクライテリアセキュリティ認証を取得済みで、政府の機密情報システムで利用されています。NoSQLデータベースの中では最高水準のセキュリティを備えています。ドキュメントレベルでのアクセス制御(RBAC)と、セルレベルでは他モデルを使用でき、きめ細かいセキュリティ設定が可能です。

OutSystemsとの連携でアプリケーション開発の
超高速化を実現

OutSystemsは、アプリケーション開発から保守運用までを1つのプラットフォームで提供するローコード開発プラットフォームです。コードを書くことなく直感的・視覚的にWebアプリケーションおよびモバイルアプリケーション開発ができるだけでなく、バージョン管理やパフォーマンス分析などのライフサイクルサポート機能を備えています。OutSystemsとMarkLogicを組み合わせることで、工数とコストを大幅に削減しながら、大規模システムや高機能なアプリケーションを開発することが可能です。

※MarkLogicは、MarkLogic corporationの登録商標です。
※OutSystemsは、OutSystems, Inc.の登録商標です。

お客様のお悩みを
お聞かせください

info@bluememe.jp
または
0570-080-016
まで
お問い合わせください。