Agile DX

アジャイルデジタルトランスフォーメーション

従来のアジャイル手法を
大規模向けに拡張した独自の開発方法

弊社は、弊社独自の開発方法論「アジャイルデジタルトランスフォーメーション(Agile DX)」を以て、
DX事業を展開しております。

アジャイル型開発とウォーターフォール型開発と「Agile DX」

システム開発の総工数は「計画」「製造」「リファクタリング」の合計であり、開発手法で変化する工数にフォーカスすべきと考えます。ウォーターフォール型の場合はすべての要件定義を事前に行うため、計画工数がアジャイル型より増幅します。またアジャイル型の場合は何度も作り直すことがあるため、リファクタリング工数がウォーターフォール型より大きくなります。Agile DXは、システム開発の総工数の最小値を追求した、弊社独自の開発方法論です。

ウォーターフォール型の開発は「急速に変化する社会環境」に対応できない

1970年代に提唱されたウォーターフォール型開発は、日本のソフトウェア開発において主流となっていいます。まず作りたいソフトウェアの要求を全て定義して合意し、それを基に設計を全て行い、それに基づくプログラムを全て製造し、最後にそれらが正しく動作するかを検証する手法です。この手法は、作りたいソフトウェアの要求を最初に全て決定する必要があるため、要件定義後に発生する要求の変更に対応することができません。このためこの手法では、昨今の急速な社会環境の変化や技術の進化による要件の変化や新規追加に対応することが難しくなっています。

アジャイル型では「大規模なシステム開発」の実現が困難

アジャイル開発は昨今の急速な社会環境の変化に対応できるように、ソフトウェアを作りながら要件の変化を取り込んでいくソフトウェア開発の手法で、ウォーターフォール型と異なり、最初に全ての要件を定義する必要がなく、必要に応じで新しい要件を取り込んでいくため、作ったソフトウェアを実際に動かしてみて、そのフィードバックをもとにソフトウェアを継続的に改良することが可能となります。しかし大規模なソフトウェア開発では管理が複雑になるため、一般的に少人数かつ小規模なシステム開発に向いていると言われています。

アジャイル型は「変化に対応するための要件追加」がとまらず開発工数が急増

アジャイル型の特徴でもある追加要件や変更および修正を繰り返すことで、開発工数が急増しリリースが遅延する問題が後を絶ちません。

ソフトウェアパッケージの導入は「追加開発部分のコスト」が不透明

またソフトウェアパッケージの導入では、パッケージを使って安価で開発するはずだったのに、カスタマイズおよび修正費用や、追加開発費用が膨れ上がってしまう問題が多発しています。

Agile DXでは要件定義を「静的と動的」に分離することで大規模アジャイルを実現

Agile DXでは適度な要件定義と適度なリファクタリングを実現するために、要件自体を構造的で変化の少ない「静的要件」とユーザーの要望によって変化しやすい「動的要件」に分離することで、システムの全体像とパラレル開発を実現しています。

Agile DXを基盤としたBlueMemeのDX事業

弊社は「Agile DX」に基づいた4つの手法「企業構造のモデル化」、「ITシステム開発の民主化」、「業務機能のマイクロサービス化」、「高度専門業務の最適化」を組み合わせた「プロフェッショナルサービス」及びそれに伴う「ソフトウェ アライセンス販売」から構成されるDX事業の単一セグメントとなっております。

資料請求および
デモンストレーションのご希望は
info@bluememe.jp または
0570-080-016 まで
お問い合わせください。