ツールの特性を手早くかつ効果的に確認
「ローコード開発リファレンスモデル」

弊社が創立・所属するローコード開発コミュニティ(会長:関 隆明、Low-Code Development Community 以下LCD)は、ローコード開発ツールの導入を検討している企業を対象に、「ローコード開発リファレンスモデル(以下リファレンスモデル)」の無償提供をしております。同一のシステム仕様にもとづく実装版の動作を見ることで、各ツールの特性や方向性を手早くかつ効果的に確認できるようになりました。

style switcher

ローコード開発ツールとアジャイル開発手法の導入をサポート

この世界的にも珍しい試みは、2018年12月にLCDにて発足した「ローコード開発リファレンスモデル分科会」による活動の一環です。ツールベンダー各社が規定のシステム要件にもとづいて開発した「実際に動作するシステム」が、導入検討用資料としてLCD会員限定で無償提供されます。カタログや営業トークからはわからない、各ツールのリアルを体感していただくことが目的です。

style switcher

≪ローコード開発リファレンスモデル提供形式≫

提供される「リファレンスモデル」は、共通のシステム要件定義と各ツールでの実装版で構成されています。記念すべき最初のシステム要件として、分科会のメンバーでもある渡辺幸三氏らによってまとめられた「花束問題」を採用しました。顧客指定の記念日に花束を届ける通販事業で、欠品を起こさず、かつ廃棄数量を最小におさえるための在庫管理上の工夫が必要な高度なシステム要件が含まれます。これに対応するためにまとめられたデータモデルだけでも、一見の価値があります。

あらゆる環境の変化が著しい昨今、業務システムに求められる要件の不確実性は急激に増大しています。システム要件定義は、現状の非効率を改善するためでなく、新しい事業のあり方とそれを支えるしくみを創造するための作業に変容しつつあります。そのためには、ツールを用いて短期間でシステムを開発し実際に使ってみること(プロトタイピング)が一番の近道です。こうした開発スタイルとしていわゆる「アジャイル開発手法」が注目されていますが、本格的な業務システム向けの具体的な手順や方法論、成功事例が海外と比べ圧倒的に不足しています。そのためLCDは、モデリングとローコード開発ツールを軸とするアジャイル開発方法論の提供も視野に入れており、日本国内の実効的アジャイル開発のデファクトスタンダードの確立も目指しています。


BlueMemeが提供する「リファレンスモデル」配布概要

LCD会員様を対象に、下記3点を一式として無償でご提供いたします。

    style switcher

    アプリケーションの設計情報
    (データモデル)

    style switcher

    OutSystemsで開発したアプリケーション

    style switcher

    リファレンスモデルのプレゼン資料(OutSystems編)


お問合せ

リファレンスモデルについてのお問い合わせは「info@bluememe.jp」まで"花束問題のOutSystems資料を希望" とお送りください。なお、リファレンスモデルの配布対象はLCD会員様限定となっております。この機会にローコード開発コミュニティへの加入をご検討ください。ユーザ会員は無料です。


各ローコードツールのリファレンスモデルについて

各ローコードツールのリファレンスモデル一覧およびお問合せにつきましては、下記URLよりご確認ください。
LDC公式Web : https://www.x-rad.jp/