Company

会社情報

Company Overview

会社概要

会社名

株式会社BlueMeme
(BlueMeme Inc.)

 

所在地

東京本社
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-20 錦町トラッドスクエア10F【地図】
「神保町」駅(A9出口より徒歩2分)、「小川町」駅(B7出口より徒歩5分)、「新御茶ノ水」駅(B5出口より徒歩5分)、「淡路町」駅(B7出口より徒歩9分)、「大手町」駅(C2b出口より徒歩7分)、「竹橋」駅(3b出口より徒歩5分)、「神田」駅(北口より徒歩13分)

連絡先

0570-080-016
info@bluememe.jp

事業所

横浜オフィス
〒231-0015 神奈川県横浜市中区尾上町4-57 尾上町ビルディング8F
京都オフィス
〒604-8006 京都府京都市中京区河原町通二条下る二丁目下丸屋町403 FISビル606
福岡オフィス
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東1-12-17 オフィスニューガイア博多駅前7F
沖縄オフィス
〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地2-22-10 那覇第一生命ビルディング5F

事業内容

業務システム開発におけるコンサルティング及び受託開発
エンタープライズアジャイルに関するコンサルティング
OutSystemsのローカライゼーション
OutSystemsの販売及びサポート
OutSystemsを用いたシステム受託開発

主要株主

ベンチャーキャピタル
パートナー企業
弊社役員および従業員

創業

2009年6月(設立 2006年12月20日)

資本金

3億6,850万円(資本準備金を含む)

役員

代表取締役 松岡 真功
取締役 辻口 真理子
取締役 朱 未
取締役 川根 金栄
取締役 近藤 秀樹(株式会社SXキャピタル 代表取締役)
監査役 杉山 和彦
監査役 向井 稔
監査役 林田 和久

加盟団体

超高速開発コミュニティ xRAD
一般社団法人 クラウドサービス推進機構
新経済連盟
Enterprise Ethereum Alliance

主要取引先
(50音順・
敬称略)

OutSystemsジャパン株式会社
株式会社AOI Pro.
アビームコンサルティング株式会社
アマゾンウェブサービスジャパン株式会社
アルティテュード株式会社
アロー印刷株式会社
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
株式会社インテック
SCSK九州株式会社
NSKネットアンドシステム株式会社
大林道路株式会社
Omnext B.V.
株式会社サカタのタネ
株式会社シグマクシス
情報技術開発株式会社
株式会社タカギ
日本オラクル株式会社
株式会社本田技術研究所
前田建設工業株式会社
マークロジック株式会社
モバイルクリエイト株式会社
悠悠ホーム株式会社
株式会社LIXIL
株式会社ワールドインテック

Our Story

BlueMemeの軌跡

Standard Post with Image

2012-2013

OutSystemsに賛同したシステムイングレーターは、ゼロだった

「ローカライズをしないソフトウェアが日本で売れるはずがない」。 「数人のベンチャーがアプリケーションプラットフォームを大手に提供できるはずがない」。 「そんなソフトウェアはいままでたくさんあったし、それらは使えないものばかりだった」。2012年、OutSystemsに賛同するシステム会社も株主もいませんでした。しかし、それこそがチャンスでした。「反対すること」には、「賛成すること」と同等、またはそれ以上のエネルギーを要する為です。ベンチャー企業への期待はビジネスの創造と新規マーケットの創生であり、それは必然的に既存ビジネスや既存市場への対立を生みます。

Standard Post with Image

2014-2017

やらないことを決めて、経験と実績を最重要視した

ベンチャーで大切なことは、やらないことを決めることです。 まず、私たちが「やらない」と決めたのは、反対している人たちを説得するための膨大な資料作りでした。説得することをあきらめたわけではなく、 反対している人たちが納得するのは、豊富な実績のみだということを理解したからです。 もちろん、もっと良いやり方があるのかもしれませんが、当時の我々にはそれが最も身の丈に合ったやり方でした。

Standard Post with Image

2018-2019

創造性だけでなく再現性を重視し、 拡大可能なビジネスへ移行する

我々は今後、ビジネスの拡大期に入っていきます。 ビジネスの立ち上げ時に最も大切なのは「ビジネスの創造性」です。 そして、立ち上げたビジネスを拡大するためには、多くの人がそのビジネスを模倣できるよう「ビジネスの再現性」が求められます。 いま、我々が 取り組んでいる「agileSDK」は、その再現性の実現を目指したものです。 3社で設立したOpenModelsの目的の一つには、この「ビジネスの再現性」の実現があります。